KYU設計室

  • コンセプト
  • 家づくりの流れ
  • 設計事例集
  • ブログ
  • お問い合わせ
  • tel 0268-42-2300

家づくりの流れ

お問い合わせ

まずは気軽にお問合せ下さい。
一度事務所に来て頂き、ご要望、状況を伺います。
KYU設計室の仕事の取り組み方もご説明させて頂きます。

この段階ではまだ費用は発生しません。

プレゼン

敷地現況確認、及び役所にて法的条件調査の上、
最適と思われる第一案をラフ図面にてご提案します。

設計監理業務契約

プレゼンの結果、今後もKYU設計室に依頼するご判断が頂けたら、設計監理業務契約の締結となります。
契約締結時における第1回目のお支払いをお願いします。

尚、ご契約の判断が頂けない場合、この段階で業務停止とし、これまでの費用は発生しません。

基本設計

こ第一案をもとに、要望、法的条件、コストの整理をしながら、お打合せと設計業務を詰めていきます。
配置図、平面図、立面図、断面図まで完成した時点で、次の実施設計へと進んでいきます。

実施設計

基本設計図書に基づき、引き続き詳細を詰める作業に入っていきます。 常にコストを意識しながら、建築詳細図、仕上計画、構造計画、設備計画を図面に反映させていきます。
ランニングコストも意識しながらのトータルコストの検討による仕様決定がこの時点で大事になってきます。
図面作成に約2か月を要します。
実施設計完了時点で設計監理業務契約にもとづき、第2回目のお支払をお願いします。

見積依頼、予算調整

実施設計図書をもとに施工会社に見積を依頼します。
見積期間約3週間。
提出された見積書の項目、単価、条件、金額を精査し、妥当性を確認します。

工事請負契約

工事金額と内容に納得いただいたら、施工業者と工事請負契約の締結となります。 今後完成までのスケジュールが明確となり、着工への段取り、地鎮祭へとすすみます。
また同時に建築確認申請の手続きを行います。

工事監理

設計図書通りに施工がなされているか、工事内容の確認を行います。 定例現場会議を開き、施工図承認、材料検査等の現場確認を行うほか、変更によるコストの増減にも注意を払い、工事が円滑にすすむよう、巡視します。

竣完成引き渡し

関係官庁の完了検査を受け、確認申請通りの工事がおこなわれたことを確認します。
同時に住まい手、設計事務所による瑕疵の検査を実施し、是正を指導します。
また、工事中変更項目に関するコストの増減についても査定の上、清算完了まで指導します。
残工事がないことを確認のうえ、建物、及び鍵の受け渡しをもって引き渡しが完了します。

メンテナンス

竣工1年後に施工会社とともに定期検査を行います。
それ以外でもどうぞお気軽にご相談ください。施工会社と一緒に対応させて頂きます。
設計監理料
設計・監理料については「平成15年国土交通省告示第15号」をベースに、その都度見積書を提出させて頂きます。 施工床面積(各階床面積合計+吹き抜け等面積に加算されない床面積)当たりの目安は以下のようになります。
新築の場合 @7万円/坪+15万円(確認申請、完了申請作業費用)
但し、最低155万円
*消費税別途かかります。
改修の場合 @6万円/坪+10万円(既存調査作業費用)
但し、最低130万円
*消費税別途かかります。
その他以下については別途費用が発生します。 *SS式地盤調査費用
*上記は木造の場合で、RC造、鉄骨造の場合には別途構造計算費用がかかります。
*住宅金融支援機構フラット35、長期優良等の申請
*改正省エネ法による一次エネルギー診断等検討
*各種補助金申請に係る根拠の作成、調査、申請
設計・監理料のお支払のステップは以下のようになります。 ①設計監理業務締結時・・20%
②実施設計完了時・・・・40%
③工事請負契約締結時・・20%
④完成引き渡し時・・・・20%

pagetop